日常生活を脅かす、耳鳴り、めまいの症状|迅速治療でサックリ治る

症状

耳鼻科で原因がはっきりしない場合は内科なども受診してみましょう。

耳鳴りやめまいがひどく耳鼻科に通ったけれど、特に異常がないと言われ困っている人も多いかと思います。 耳鳴りやめまいの原因は様々で、耳鼻科では原因がはっきりしない場合も多いのです。 もし、耳鼻科で原因が分からなかった場合は、更年期障害の可能性も検討しましょう。 更年期障害は40代以上の中高年の男女に見られ、高齢化社会などを背景に増えている症状です。 更年期障害は、男性ホルモンや女性ホルモンが加齢とともに減少するために起こる症状で、動悸、息切れ、微熱、倦怠などの症状のほかに、顕著に耳鳴りやめまいなどを起します。 もしも耳鼻科などで診察を重ねても、耳鳴りやめまいの原因がはっきりしない場合は、更年期障害なども視野に入れ一度、内科などを受診してみましょう。

生活習慣を改め、まずは病院で相談するところから始めてみましょう。

更年期障害は、塗り薬や経口薬、ホルモン注射などの治療法があります。 主にホルモン注射による治療が行われ、3ヶ月程度の治療で経過観察を行っています。 更年期障害は病院では健康保険の対象となっており、一般の受診者では3割負担となっています。 以下では主な診察料を挙げておきます。 ホルモン補充療法。 3000円程度。(1ヶ月) 漢方薬 5000円程度。(1ヶ月) 以上が目安となっています。 もしも耳鳴りやめまいなどが、耳鼻科などで受診を重ねても治まらない場合は以上のような治療を受けてみることをおすすめします。 また、治療を受けると同時に日常の生活習慣を改めてみることも必要でしょう。 栄養のバランスを考え、偏りのない食事を心がけるようにし、睡眠などもしっかりと摂るようにしましょう。 耳鳴りやめまいは病院でしっかりと治療を受け、生活を見直すことで次第に改善されることも多い症状です。 原因不明の耳鳴りやめまいに悩んでいる人は、まずは病院で診察を受けるようしましょう。

Designed by CSS.Design Sample

このエントリーをはてなブックマークに追加